動物病院/福岡県/福岡市/南区/老司/犬/猫/エキゾチック/ペット/児玉どうぶつ病院

D-6 ソフトシェルと膀胱内の尿酸・尿石の
大量蓄積が認められた3例
写真1 ケヅメリクガメ ♀
      Geochelone sulcata


背甲、腹甲ともにソフトシェルで、外見上も背甲は異常な感じがします。
写真2

腹甲を外して軽く手で背甲の両側をつかむと写真のように曲がり、簡単に幅が狭くなります。甲羅をドリルで切断する時もすぐに切れます。感触としては、プラスチックの下敷きをもっと薄くした感じです。それほどに甲羅は柔らかくなってしまっています。膀胱には尿酸結石が形成されていました。(矢印)
写真3

外した腹甲ですが、手でも簡単に折れ、さらに表面がべらべら剥げてきます。(矢印:剥げた腹甲表面)
写真4 

別のケヅメリクガメ♀。やはり膀胱には尿酸結石ができていました。      
写真5 

膀胱を開いたところ。硬い結石の他に、まだ固まる前の泥状の尿酸が入っています。白いものは全て尿酸です。
写真6

これも他のケヅメリクガメです。膀胱いっぱいに白い尿酸が溜まっています。通常このように腹甲を外すと、食物の充満した腸が甲羅の腹側全体に広がっているはずなのですが、この個体ではほとんど腸に内容物が無く、甲羅の中に空きスペースができています。(矢印)

掲載されているすべての内容について
無許可で複写・転載することを禁じます。